BLOG

助成金を活用した働き方改革

2018/10/22
ロゴ

四日市を中心に三重県の北勢で活動しています、うさみ労務管理事務所、社会保険労務士の宇佐美です。

助成金の活用という事で、社労士の専門業務の中に助成金の申請代行業務があります。

助成金というのは、雇用関係で要件を満たせば国から支給されるお金になります。

特に今年度でいえば、採用する時、パートから正社員にする時に活用できる助成金がおすすめかと思います。

例えば正社員1人に対して 57万円 生産性要件えお満たせば 72万円

この助成金は年間最大 20人分まで申請できます。(1,440万円)

従業員を雇用していますと雇用保険に加入していると思いますが、その雇用保険が財源となって助成金が支給されます。

ただし、何もしなければ支給される事はありません。

こういった制度を知っているか知らないかで、これからの企業経営には大きく差が出てくると思います。

当事務所では助成金の申請については、実績も多く無料相談からセミナーを開催したりと、経営者様に助成金を知って頂きたく活動しています。

そして、「働き方改革」ということでは

一般社団法人働き方改革支援コンサルタント協会

に三重県の社労士事務所では唯一加盟し

「助成金を活用した働き方改革」

をテーマにし、今後この働き方改革の中で

企業の発展の為に助成金を活用して頂き、社会から選ばれる会社への支援をさせて頂きたいと考えております。

助成金を活用すれば、社内の労働環境の整備を大胆に改革する事も可能です。

是非、助成金を活用して会社を発展させて頂きたいと思います。

四日市を中心に活動しています、うさみ労務管理事務所

社会保険労務士 宇佐美 より