BLOG

7月10日が過ぎました

2019/07/11
ロゴ

四日市市を中心に三重県の桑名から鈴鹿、津市と中小企業の労務管理から、給与計算、助成金の申請代行、働き方改革コンサルとサポートさせて頂いています、うさみ労務管理事務所の社会保険労務士の宇佐美です。

本日7月11日なりまして、社労士にとって1年で一番忙しい時期である7月10日が過ぎました。7月10日というのは、労働保険の年度更新の締切日でもあり、社会保険の算定の締切日でもあります。皆様の会社のほうでは手続きは済みましたでしょうか?

これから本格的な夏に入って行きますが、なかなか天気の方もスッキリとはいかないみたいですね。高校野球の予選も始まりますし、海にも行きたいし、花火も見に行きたいところです。夏はやりたいことがいっぱいですね。

社労士の仕事いえば、先程も言いました、7月10日も終わりホッとしたところではありますが、時代の流れもあるのでしょうか人事制度、賃金制度の構築について相談を受ける事が多くなりました。同一労働同一賃金に向けてはやはり人事制度の構築は必要不可欠なものにはなってくると思ってはいますが、経営者様の方々にお話を聞きますと、賃金の決め方であったり、従業員の評価をしっかりして、頑張ってくれた社員、貢献してくれた社員に対しては、ちゃんと賃金を支払いたいという事です。

人事制度制度の構築につきましては、やはり分かりやすく、運用できるものを作成するのがおすすめですね。いいものを作っても、複雑すぎて運用が上手くいっていないというのはよく聞きますので・・・。

今なら、人事制度の構築に助成金も活用できますので是非ご検討してみてはいかがでしょうか?

人事制度の構築は優秀な従業員の定着にも繋がります。

うさみ労務管理事務所 社会保険労務士 宇佐美