BLOG

雇用調整助成金どこまで変わるのか?

2020/05/19
ロゴ

三重県四日市市を中心に中小企業をサポート致します、社会保険労務士法人グラントうさみです。

本日も厚生労働省の発表で雇用調整助成金について簡素化の発表がありました。

一つ目は小規模事業者(概ね20人以下)の事業者についての助成金の平均賃金の算定方法の簡素化から支給申請用紙の変更というないようでした。たしかに簡素化になった気もしますが、いろいろなところが抜けていて、休業協定書はいらないのか?選任届は?今までの計算方法は出来なくなるの?等々様々な疑問点が湧いてくる内容でした。

そういった疑問点を同時に解決してくれるのであれば良いのですが、またまた混乱を招くのではないかと心配です。私からすると疑問だらけです・・・。

そして一番の関心事であったであろう、上限金額8,330円については引き上げの発表がないというなんともスッキリしない内容になりました。

そもそも助成金というものは企業様が支払っている雇用保険料が財源となっているのに、要件が厳しかったりして使いにくい内容になっている気がします。財源がたりないのかなぁ~予算が足りないのなら分かりますが、何の為に保険料を払っているのか分からなくなりますね。

今回コロナの影響を受ける企業様もありますが、中にはここぞとばかりに売上を上げ、従業員の募集をかけ拡大を図る企業もあります。

コロナが収まってきたところなので、次なる展開も考えつつ今のこの現状とどう対処していくか、まだまだドタバタの毎日が続きそうですね。

今回の簡素化情報等は、新着情報に載せていますのでご確認お願い致します。